Home成功報酬制度の悪利用

探偵の調査・成功報酬制度の悪利用

悪質・悪徳探偵業者は調査の成功報酬制を悪用します。

成功報酬と聞いて一般の人はどう受け止めるでしょうか。
成功報酬制度のシステムは、探偵業者側と依頼者側とでは認識に違いがあります。

また、「完全成功報酬」と「成功報酬」の二種類を使い分けている探偵業者や興信所もあります。
調査の成功と不成功の取り決めは契約段階でハッキリしておきべきです。
調査成功とはどの様なことをいうのか、調査費用の扱いはどの様になるのかの取り決めが必要です。

探偵業者と依頼者側では成功報酬の認識に相違が

探偵社で、成功報酬制の調査前に契約金100万円を払い、浮気調査を依頼。
依頼者は、調査結果が出なかったことから全額返えしてもらえると思っていた。
探偵社側は着手金70万円、諸経費20万円で差し引き10万円を返金。
このようなケースが多く、トラブルになっています。

依頼者側からすると「成功報酬」というのは、調査結果が出なければ、当然お金を払わなくて良いととらえています。
探偵社側からすると、依頼者が思い描いている結果は出なかったが、尾行は成功しているので報酬は発生するというとらえ方をします。

トラブルを避けるために、探偵会社や興信所に調査を依頼するときには、双方の認識に行き違いが無いように、調査成功の定義を契約書に明記する必要があります。

当社は完全成功報酬制ですから安心ですとお金を騙し取り、きちんとした調査もせずにお金も返さないのは完全な悪徳探偵社の手口です。


探偵社や興信所の調査成功の定義

調査会社に対し、依頼者が浮気をしていると思い込んで調査依頼をした場合でも、実際の調査では浮気行動が無かったという例もあります。

きちんとした調査がなされていると判断できる映像や、報告書がある場合は、調査中に浮気行動が無かったものと判断できます。
このようなケースでは、探偵社の調査そのものは成功しているとの認識が正しい判断です。

依頼者が想像していたことと探偵社側の調査結果に違いがあっても、調査そのものはきちんとなされていて、浮気行動がなかったことが結果として証明されているケースです。
この場合は、成功報酬が発生すると考えるのが常識です。

成功報酬制の説明不足のまま高額の調査料金を預かり、まともな調査をしないで、お金も返さないのは悪質な探偵の手口です。

ページトップへ
Copyright (C) 2006 探偵調査の相談と依頼方法 All Rights Reserved.