Home探偵と弁護士の関係

探偵業者と弁護士の関係

探偵と弁護士が連携して関係業務を行うことで、離婚調停や慰謝料請求がスムーズに運びます。

離婚を意識した調査を進める時や、法人同士のトラブル関係の調整には、調査会社の利用と同時に弁護士の存在も意識すべきです。

探偵会社や興信所では、弁護士を紹介してくれる業者があります。
探偵事務所や興信所を紹介してくれる弁護士もいます。


探偵社と弁護士を活用する

離婚を意識した探偵調査に対する弁護士の考え方は、下記のように大きく3つに分れます。

・相談依頼者が持参した、探偵が調査した証拠を積極的に取り入れ裁判を有利に進める。
・依頼者に優良な探偵を紹介し、調査結果を裁判に利用する。
・探偵会社が調査して得た証拠は使わない。

残念ながら、弁護士は浮気の現場を写真に撮るなどの証拠収集技術を持ちません。
証拠の無い裁判は、非常に心細い負け戦となります。

動かぬ証拠があれば、離婚裁判を有利に進められるのですが探偵との接点を持てない弁護士が多いのも事実です。

悪徳探偵に無駄な経費と時間を取られることを警戒しているケースもあるでしょう。

弁護士が優良な探偵を紹介してくれない場合は、依頼者自らが探偵調査の結果報告書と証拠をもって弁護士に相談する必要があります。


探偵社と弁護士の提携

探偵に調査を依頼する前に、弁護士との相談段階で、どの様な浮気の証拠があれば裁判を有利に進められるのかを確認しておくのが良いでしょう。

これをすることで、裁判に必要な証拠を得るための調査項目を、具体的に探偵事務所に打診して見積り依頼をする、調査内容を決める時などに役立ちます。

優良な探偵社では、調査終了後に、業務提携している弁護士を紹介してくれる業者があります。
そのような探偵社は、裁判に役立つ資料として報告書や証拠を提出してくれます。

弁護士を紹介してくれる探偵社は多いのですが、悪質な探偵事務所が依頼者の信用を得るために弁護士を紹介できますという広告表現を使っている場合があるので注意が必要です。

ページトップへ
Copyright (C) 2006 探偵調査の相談と依頼方法 All Rights Reserved.