Home離婚を意識した調査

離婚を意識した浮気・不倫調査

浮気調査は、離婚を意識した上で探偵会社に調査を依頼せざるを得ない場合があります。

離婚に至った場合のことを考え、事前に意識しておくと、あわてずに対処できます。

探偵の調査結果から、止む無く離婚というケースに発展する場合がありますので、浮気調査の相談の段階で、ある程度の覚悟を決める必要があるでしょう。

浮気相手の情報を入手する

探偵社に依頼した浮気調査の結果で離婚に至った場合でも、あわてない事が大事です。

もし、浮気調査の結果次第で離婚に至った場合でも、いざというときに困らないような調査依頼をしておきましょう。

離婚は非常に身近な問題ですが、いざ自分に降りかかってくると上手に対応できないのが普通です。

探偵会社への調査依頼時に、調査結果によっては離婚に発展するかも知れないということを意識していれば、離婚調停を有利に進めるための情報に重点を置いて調査を進めることが出来ます。

浮気の証拠を得た後には、必ず、浮気相手の住所・氏名・生年月日、勤務先、電話番号などは最低限おさえておきましょう。


浮気・不倫相手の詳細調査

浮気調査の依頼時に、調査中に浮気相手が現れた場合には浮気相手を尾行して、その行動や自宅の割り出しなどを同時に依頼しておけば、その後の調査もスムーズに進みます。

探偵に調査を依頼するときは、様々なケースを想定して、対処の方法や調査内容、調査範囲などを事前に打ち合わせしておきます。

調査会社での相談や依頼の時に、調査結果によっては、もしかしたら離婚裁判に発展する可能性があることを伝えておきましょう。

様々なケースに対しての調査方針を、相談時に綿密に打ち合わせておくことが理想でしょう。

もちろん、その場合の調査料金の確認は必ずしておく必要があります。

ページトップへ
Copyright (C) 2006 探偵調査の相談と依頼方法 All Rights Reserved.