Home探偵・興信所トラブルの相談先

調査会社・興信所のトラブル相談

探偵業者・興信所とのトラブルは恥ずかしがらずに相談しましょう。
家族や、知人を味方につけて、弁護士などの専門家に相談するのが賢い方法といえます。
悪徳探偵社に騙されないためには、相談に向かう段階で、親しい友達や家族に同行してもらうのが安心な方法です。

他人に言えない秘密が探偵相談や料金のトラブルに

悪質な探偵業者に騙されないためには、調査相談時に親しい友達や家族に同行してもらいましょう。
しかし、ほとんどの依頼者は「他人に言えない悩み」があって、探偵調査会社を頼ることが多いのが現状です。ここにトラブルが起きる最大の要因が有ると言っても良いでしょう。

悪徳探偵社に騙されて、それを他の興信所や探偵へ相談に行き、別の悪質な探偵社で更に騙されるといったケースも後を絶ちません。
これは、前の探偵社で騙されたのだから、どこの探偵でも騙せるだろうという「カモ」になるケースです。
中には横のつながりを持った探偵社が、どちらも悪徳探偵というケースも有ります。

話題になった例では、悪徳サラ金が債務者リストを他の仲間の悪徳サラ金にまわして、被害者を救済するふりをして甘い言葉を掛け、更に高金利でお金を貸して騙し続ける方法です。
悪徳探偵の輪に嵌ってしまった、まさにこの例のようになりかねません。


探偵・興信所のトラブル例

A悪徳探偵事務所で高額の調査料を払い調査を依頼したが、結果報告は電話で
「何もありませんでした」の一言。
A悪徳探偵事務所はこれで調査は完了と言い張りラチがあかない。
依頼者はたまりかねてB調査会社にA悪徳探偵の調査を依頼した。

A悪徳探偵事務所でお金を使い果たした依頼者は、B悪徳探偵社のアドバイスで消費者金融からお金を借りて調査依頼。

その後、B悪徳探偵社は電話で
「A探偵社はちゃんと調査をしていますので、文句を言える状態ではありません」の報告。
依頼者は結局、B悪徳探偵社にも騙されてしまいました。

A事務所は〇〇調査業協会の会員、B調査会社は△△調査会の会員でした。
権威の有りそうな団体に所属しているかどうかは、悪徳探偵と優良な探偵社を見極める基準にはなりませんので注意が必要です。

もしトラブルに発展したら、消費者センターや、専門の相談機関、弁護士などに相談するのが最善の方法と言えます。
弁護士や消費者センターなどの、お役立ちリンク集

ページトップへ
Copyright (C) 2006 探偵調査の相談と依頼方法 All Rights Reserved.