Home浮気調査の基礎知識

浮気・不倫調査を探偵に依頼するときの基本

浮気調査で、探偵社はどの様な証拠を得るのか。
浮気調査で有効な、浮気の証拠とは?
夫や妻が浮気をしている疑いがあるが、どの様な証拠が必要なのか?
探偵会社や興信所に浮気調査を依頼する前に、有効な浮気の証拠とはどの様なものかを知っておきましょう。

浮気・不貞の証拠とは

夫や妻が浮気をしている疑いがある場合に、探偵や興信所に浮気調査を依頼して、浮気の事実を証明するためには、どの様な証拠を入手してもらう必要があるのでしょうか。

不貞行為は、法律的には肉体関係をもった浮気だとされています。
夫や妻が見知らぬ異性と食事をしている映像や写真があっても、これだけでは浮気をしている証拠としては不十分です。 探偵や興信所に依頼した浮気の行動調査では、調停や裁判で不貞行為として認められる証拠を得ることが必要です。

・浮気相手とラブホテルに入る画像、同じく出てくる画像。
・浮気相手と車の中や、公園などで性行為に及んでいる画像。

これらの証拠は決定的なものとなります。

これらの行動調査(尾行や張り込み調査)は、興信所では対応できませんが、探偵会社の浮気調査で夫や妻が浮気相手の自宅に入り込んだ画像をとらえる例はよくあることです。
浮気調査は、尾行や張り込み、証拠映像の撮影を得意とする探偵会社に依頼すべきでしょう。


浮気・不倫の証拠として成り立つ探偵調査とは

浮気相手の家に入り込んだ証拠を撮られたときに、浮気をしている当人の言い訳は

「たまたまちょっと相談があって寄っただけ」
「仕事の打ち合わせで立ち寄った」
「体の具合が悪かったのでトイレを借りて少し休んでいた」

浮気や不倫をしている人は、ほとんどの場合このような言い訳をしてきます。
このようなケースは決定的な証拠として不十分と言えます。

決定的な浮気や不貞の証拠とするためには

・浮気相手と自宅に入ってから出てくるまでの時間の経過がわかる証拠映像を撮る。
・1日だけではなく、数度にわたって証拠を押さえる。
・浮気相手と一緒であることがわかる証拠画像を撮る。

基本として、探偵調査で浮気の証拠を十分に有効なものにするには、ある程度の継続した行動調査が必要となります。

ページトップへ
Copyright (C) 2006 探偵調査の相談と依頼方法 All Rights Reserved.