Home浮気・不倫相手の調査

浮気・不倫調査では浮気相手・不倫相手のことを調べる

浮気・不倫の調査で浮気相手が判明したら、浮気相手の詳細情報を入手しましょう。

探偵の調査で浮気相手がわかったら、その人物の身辺調査をするのが基本です。

浮気調査で、夫または妻の浮気相手が判明したら、その後の対応を考えると、その対象者(浮気相手)の詳細情報を入手しておくべきです。

浮気・不倫相手の情報は裁判に有効

探偵社での浮気調査の結果、ご主人や奥さんの浮気が判明したら、場合によっては離婚裁判や調停に発展するケースがあります。

もし離婚に至った場合には、浮気相手への慰謝料請求も視野に入れておく必要があります。

探偵の浮気調査で浮気の相手が特定できた場合は、その浮気相手の住所・氏名・生年月日・職業・勤務先・財産・借金・既婚か未婚か・預金残高などのあらゆる情報を入手することが可能です。


浮気・不倫相手が現れたときの対処法

探偵会社との事前の調査相談と依頼の取り決めで、ご主人や奥さんの浮気調査中に、異性との接触があった場合には、その異性(浮気相手)の尾行調査に切り替えることを約束しておくといいでしょう。

尾行したことで、浮気相手の自宅の住所や名前、または勤務先などが判明すれば、更に浮気相手の身辺調査をすることで詳細情報を得ることが可能です。

浮気相手が判明してから、その対象者の詳細を調査することは、通常であれば別調査として依頼することになります。

当初から調査契約に含んでいる場合は別調査扱いにはなりませんが、通常は浮気相手が特定できてから調査内容を決めて、適した調査方法を選んで実行するのが良い方法です。

浮気や不倫を調べる調査を依頼するときは、調査中に異性の接触者が現れたときの対処方針を、事前に決めておくのが得策です。

ページトップへ
Copyright (C) 2006 探偵調査の相談と依頼方法 All Rights Reserved.